Explzh for WindowsFAQ (よくある質問)

Japanese | English
ソフトウエア情報ダウンロードオンラインヘルプご登録方法

よくある質問とその回答


Last modified: 2021/01/09
このページの フィードバック

Q: [2バイト文字ファイル名をUTF-8にエンコーディングする]のチェックボックスがグレーアウトで外せない。(Windows 10)


LZH, ZIP CAB 圧縮時設定オプションの [2バイト文字ファイル名をUTF-8にエンコーディングする] のチェックボックスがグレーアウトしていて外せなくなってしまいました。 なぜでしょう? 利用 OS 環境は Windows 10 です。

A:

お使いの現在の Windows のシステム ロケール設定が [ベータ:ワールドワイド言語で Unicode UTF-8 を使用] (以下、Windows UTF-8 環境) になっていることが考えられます。 この設定は、ご自身で設定を変えない限り、設定が変更されることはありません。

Windows UTF-8 環境で運用している場合、 Unicode 対応でない書庫形式は2バイトファイル名文字を UTF-8 にして書庫を作成してしまい (殆どのアーカイバでは UTF-8 フラグのない不正書庫になってしまう)、 もしその書庫を配布した場合には配布先で逆に文字化けする原因となりますのでご注意ください。また逆に Windows UTF-8 環境ではない環境で作成した ANSI 版の書庫を Windows UTF-8 環境で解凍した場合も、2バイトファイル名の全てで文字化けしてしまいます。

Explzh ではこの問題の対処として、Windows UTF-8 環境上で Explzh を利用した LZH や ZIP、CAB の書庫を作成する場合には、ヘッダに「Unicode」であることを示すフラグを付けた正しい UTF-8 書庫を作成して問題へ対処しています。 このような問題が Windows UTF-8 環境での書庫の運用時に発生する可能性があることから、Windows UTF-8 環境の場合には、Explzh の当該オプションの UTF-8 書庫作成オプションの項目を常に有効にしたグレー表示状態にしています。 (不正ヘッダの書庫となるのを回避する為)参照: Unicode 名のファイルを圧縮できる形式

※Windows UTF-8 環境はベータ版です。2021年1月9日 現在

●設定を元に戻したい場合

Windows+Rを押し、「ファイル名を指定して実行」から、
control INTERNATIONAL
のコマンドを入力して「地域」のプロパティダイアログを表示します。



次に [管理] タブをクリックし、[Unicode 対応ではないプログラムの言語] グループ内の [システム ロケールの変更] ボタンをクリックしてください。


現在のシステム ロケールを指定できるダイアログが表示されますので、下記項目のチェックがあれば外してください。


設定変更後は、必ず Windows を再起動します。

Windows の再起動後は [2バイト文字ファイル名をUTF-8にエンコーディングする] 項目が有効化されます。


戻る